ネットワーク診断

J-Mups端末ご導入にあたり、簡単なサポートツールでお客様のネットワーク環境を診断いたします。

ネットワーク診断の手順

■事前確認と準備

診断サポートツールを使用する前に、以下について、必ずご準備・ご確認ください。

  • ●以下のいずれかのインターネット回線がある
    A. 光回線  B. ADSL  C. CATV
  • ●ルータがあり、J-Mups端末を接続できるLANポートの空きがある
    ※無線LANではなく、有線接続が必要です。
  • ●診断ツールダウンロード用のID/パスワードがある
    ※ツールダウンロードにはID/パスワードが必要です。事前にご通知しているID/パスワードをご用意ください。
  • ●上記ルータのLANポートにパソコンを有線接続し、本サイトにアクセスしてください。
  • ※診断ツールが使用可能なOSはWindows VISTA以上であり、MacOS、LINUXには対応いたしておりませんので、ご了承ください。

1. 診断サポートツールのダウンロード

右のボタンから、診断用のサポートツールをダウンロードください。
ツールダウンロードの際には、事前にご通知したID/パスワードが必要です。

ツールダウンロード

ダウンロード時に左記のようなダイアログが出たら、ID (ユーザー名)・パスワードを入力し「OK」をクリックしてください。
ID(ユーザー名)・パスワードは、必要なお客様に個別にご通知いたしております。
診断サポートツールをご利用希望の場合は、J-Mupsヘルプデスクへお問い合わせください。

2.診断サポートツールのインストール

デスクトップにダウンロードされたインストーラ「jmupsinst.msi」をダブルクリックし、ツールをインストールします。

診断サポートツールのインストール 図版

3. ネットワーク診断の実行

下記の手順で診断サポートツールを使用し、診断を実行します。

ネットワーク診断の実行 図版

ネットワーク診断結果と対応について

■診断後のお願い事項

診断サポートツールでは、J-Mups端末設定に必要な情報を取得します。ヘルプデスクへのお問合せの際にも必要になりますので、診断実施後、下記作業をお願いいたします。

  • ●問題の有無にかかわらず、「必ずお読みください」ボタンをクリックし、表示される内容を必ずご確認ください。※既定ブラウザが起動しWEBページを表示します
  • ●診断結果を必ず保存してください。※保存方法は下記に記載しています。
  • ●診断結果の内容のうち、ネットワーク設定の一部はJ-Mups端末設置時に利用できる情報となっております。「J-Mupsセンター利用申込書」の裏面のネットワークチェックシートにご記載ください。

1. 診断結果の保存方法

診断結果画面の右上の「診断結果を保存する」ボタンをクリックしてください。

診断結果の保存方法 図版

2. ネットワーク設定内容の記載

お届けした「J-Mups端末ご導入にあたってのご確認事項」内の下記項目について、診断結果から転記お願いいたします。こちらは端末設定時に必要になります。

ネットワーク設定内容の記載 図版

3. 問題が見つかった場合の対応

診断結果にて「問題が見つかりました」が表示された場合、J-Mupsの通信に必要な4つのポートすべてで通信ができない、あるいはプロキシサーバが設定されており、プロキシ経由でも上記のポートすべてで通信ができない状態のいずれかになります。

問題が見つかった場合の対応

■対応について

以下のように「j-mups.com:80」がOKか、NGかによって、ご対応いただく内容が変わります。 ※おわかりにならない場合は、ヘルプデスクまでお問合せください。

nwexam_pic07